美容師とナオミ


僕です
こんにちは。ヘアサロンpreakのHARAです

縮毛矯正についての意識とは

今日は、縮毛矯正についてアレしようと思います。

アレとは 

そう。 縮毛矯正はちょっとした事で仕上がりが変わります。

  • 今回はブローとアイロン操作です。

縮毛矯正の手順として、

  1. プレシャンプー
  2. 処理剤含め1剤塗布
  3. 1剤洗い流す
  4. ブロー&アイロン  ←ココのやり方
  5. 2液
  6. 2液流しアフター処理

といった感じでしょうか。  

※お店やメニュー内容によって異なる。

この4番目の施術を比較してみます。

という事で、美容師なら見た事あるであろう、

 

なおみちゃん登場。    

  

 

 

このシルエット、中々の強者。   

1&2.シャンプー後、まずはストレートのお薬1剤をつけます。  

  

 

3.そして時間を置いてお薬を浸透させ、しっかり洗い流します。

すると…    … … うちの敏腕アシスタント曾川先生。

  カットレッスン中にも関わらず、ナオミを持ってもらいました。  

二人ともセンセーショナルな表情。   

この時点でかなりクセが無くなってきてます。

そしてハンドブロー。      

そうなんです。

かなり序盤から、モヒカンラインが無いんですw(左右わかりやすくする為)  

4.そこからちゃんとブローしてアイロンを入れるのですが、ブローとアイロンの入れ方の仕方にコツがあります。

  • 今回はここがポイントです。

アイロンの入れ方、ドライの仕方を意識すると仕上がりが変わります。

   ・アイロン後の左     

・右   

  • 今回は㊙︎がポイントです。

そんなに大したことしてないけど…

  で2つ目のお薬でストレートにした髪を固定定着させます。 

美容師は2液や酸化と言います。

お薬を流して、何もつけずにドライ。      

  • 左(時計側)と右で若干の違いお分かりでしょうか? 

写真ではわかりにくいのですが、右の方が自然な丸みがある様に見えませんか?

お薬自体がいいので、左も自然な柔らかい質感があるのですが、シルエットが違います。

右    

左   

そう。

  • ドライするだけで自然な内巻きになりやすいんです。

ブロー後。     

  

  

ブローしちゃうと左も右もあんまり変わらないんですけど、ドライだけで自然な内巻き目指したいですよね。 

何の技術でもそうですが、縮毛矯正も意識するとしないのとで色々変わってくるんです。

今日は、ブローとアイロンの違いのみでした!  でも大事。

  

締めは別府店のcocoちゃん 

ではでは!  

ABOUTこの記事をかいた人

yasuhitohara

preak×hara 代表 兼エディター。 NY、東京、大阪、芦屋でのサロンワーク後、資生堂SABFAビューティークリエーターコース卒業。SHISEIDO THE GINZAに所属し 撮影、ファッションショー等の アーティスト活動を経てHARAからpreakを立ち上げ。 上海コレクション、神戸コレクションにも参加し、現在も東京、神戸など多方面でヘアメイクとしても活動中。 サロンワークでは、ダメージレスを追求し、繊細で柔らかさのあるスタイル作り追求中!! ・資生堂SABFA卒業制作展 最優秀賞受賞 ・2014 KHAライジングスター部門 ファイナリストノミネート ・2016 KHAオフィシャル部門 INFASパブリケーション特別賞 受賞 ファイナリストノミネート ・2016 JHA 近畿エリア ファイナリストノミネート その他コンテスト入賞多数